PM2.5対策の空気清浄機はブルーエア(Blueair)&カドー(cado)がオススメな理由

Blueair ブルーエア空気清浄機450E 450EK110PAW

PM2.5対策の空気清浄機はブルーエア(Blueair)&カドー(cado)がオススメな理由

PM2.5のニュースが知れ渡ってからというもの、PM2.5対策で空気清浄機やマスクを買い求める人が大幅に増えているそうです。場合によっては命に関わる問題ですので当然といえば当然。では、実際に購入する場合、PM2.5にはどの空気清浄機がいいのか?調べた結果ブルーエア(Blueair)&カドー(cado)という結論に至りました。以下がオススメの理由です。

Sponsored Link

 

まず、PM2.5という物質について。

名前にもなっているとおりPM2.5は2.5マイクロメートル以下の微粒子上物質のこと。これはニュース等でも報道されているので知っている方も多いでしょう。

ということは、空気清浄機のフィルターが2.5マイクロメートル以下の物質に対応していることが絶対条件になります。

メーカーの中には、フィルターの性能を公開していないものもあるそうですが、

 

「非公開」ということは「対応できていない」と考えたほうが無難でしょう。

 

対応できているのであればむしろ「売り」にするはずです。
2.5マイクロメートルの物質に対応していない空気清浄機を買ってなんの意味があるのですか?

売れ筋ランキングに流されるのはやめましょう。
みんなが買っているから正しいとは限りません。

ポイント1「フィルターの性能は2.5マイクロメートル以下の物質に対応しているか?」

 

繰り返しますが、これが「絶対条件です」

 

 

 

次に、吸引力(風量)です。
部屋をどれくらいの時間で清浄することが出来るか?

時間が短ければ短いほど吸引力が強く、清浄能力が高いといえます。
これは空気清浄機のパワーの問題ですね。

ポイント2「どれくらい早く部屋を清浄できるか?風量の強さは?」

 

 

 

次は、フィルターの交換について。
フィルターの交換をしなくていいことを売りにしている製品ありませんか?
たしかに経済面を考えた場合は、お勧めだと思います。

しかし、多くの人はPM2.5の除去を第一に考えているはずです。
そのために、空気清浄機を探しているのですよね?

 

 

「フィルターにPM2.5を付着させたままずっと過ごすのですか?」

 

 

このあたり自分の目的を忘れずに判断しないといけません。
パワーのある空気清浄機であればフィルターが汚れるのは当たり前です。
むしろ、良い空気清浄機であればあるほどフィルターの交換は早くなるでしょう。

ポイント3「フィルターは短いスパンで交換するもの(性能が高いことが大前提)」

 

 

 

数ある空気清浄機の中には、付加価値をつけようと加湿機能をつけたものもありますが、

 

はっきり言っていりません。

 

 

水分があるとバクテリアや細菌類の温床になる可能性が上がります。こまめにメンテナンスするのであればよいですが、長い期間にわたってメンテナンスし続けられる人はほとんどいません。
人間はそんなにしっかりしていません。時間が経てば経つほど怠けます。逆にフィルターは時間が経てば立つほど細菌が発生しやすい環境になっていきます。
細菌が発生しない仕組みもあるようですが、そもそも「水分があるもの」と「無いもの」ではその差は歴然です。
余計な機能をつけて手間が増えるのであれば、素直にシンプルな空気清浄機を買いましょう。

手間がかからないことを謳っているものもありますが、そんなに加湿したいなら加湿器を買えばいい話です。なぜ一緒にまとめようとするのか?目的を見失わないようにしたいものです。

 

ポイント4「加湿機能は不要。シンプルイズベスト」

 

 

 

 

以上のポイントを備えている空気清浄機はどこのメーカーの空気清浄機か?

 

調べた限り2つありました。

 

 

ずばり、

スウェーデンのメーカー「Blueairブルーエア」(公式サイト
日本のメーカー「cadoカドー」(公式サイト)

この2メーカーです。

 

 

ブルーエアのフィルターは、三層構造の帯電フィルターで0.1マイクロメートルの微粒子物質まで対応しています。(公式サイトでプロモーション動画が見られます)

カドーのフィルターも、光触媒と特殊活性炭のフィルターを重ね0.09マイクロメートルの物質まで対応しています。

カドー説明動画

PM2.5は花粉と反応することでPM1.0という0.1マイクロメートルの有害物質に変質するとの見方もあります。今年の花粉は例年の2~6倍。フィルター性能非公開の製品を買っている場合ではありません。

製品はブルーエアもカドーも複数の空気清浄機が出ています。
大部屋対応のパワーのあるタイプは、そのぶん高額になります。
予算と部屋の大きさを考えて自分にあったものを検討してください。

 

本当は部屋の大きさに関係なく、最高性能のフラッグシップモデルが一番なんですけどね。

 

公式ページでもオンライン通販できますし、アマゾンや楽天でも通販できます。
(カドーはアマゾンには出品がありませんでした2013年3月時点)。
公式で在庫切れの場合や、より割引している店を探したい場合はアマゾン楽天を覗いてみるといいと思います。

Blueairブルーエア 空気清浄機 アマゾン在庫一覧

Blueairブルーエア 空気清浄機 楽天在庫一覧

cado空気清浄機 楽天在庫一覧

Sponsored Link
このエントリーをはてなブックマークに追加
2013年3月15日 PM2.5対策の空気清浄機はブルーエア(Blueair)&カドー(cado)がオススメな理由 はコメントを受け付けていません。 雑学