メタル丼て何?株式会社カンダが燕市から放つアイデア!

メタル丼て何?株式会社カンダが燕市から放つアイデア!

 

 

「メタル丼」と聞くとなんだか、某有名ゲームの敵キャラや
音楽のジャンルを思い浮かべてしまいますが、
実はこれ、燕市にある「株式会社カンダ」の、
アイデア商品何だそうです。

「メタルな丼系の食べ物」じゃなくて、
「メタルなどんぶり」なんです。

Sponsored Link

 

 

メタル丼の見た目はこんな感じです。
まさにメタルです。

メタル丼は、中華料理道具専門店の「株式会社カンダ」が発明した、
「食べ物が冷めにくい」どんぶりです。

NHKニュースや各種メディアで紹介されるや、大人気になっているそうです。
「食べ物が冷めない食器」というのは、誰もが考えてそうですが、
現実にはなかったものですよね。

メタル丼は、カラーバリエーションも充実しています。

 

 

 

「株式会社カンダのメタル丼が冷めない理由」

 

なぜ株式会社カンダのメタル丼は、冷めないのでしょうか?

実は、メタル丼はステンレスの二重構造になっているのです。
間に空気の層があるため、保温性が優れているんですね。

しかも、中空構造にすることによって、持ったときに熱くない、という特徴もあります。

「中身はアツアツ、でも持った手は熱くない」

なんて、いいとこ取りですね~。
まさに一石二鳥です。

株式会社カンダは、金物の生産が日本一の、新潟県燕市にあります。
メタル丼は、そんな新潟県燕三条の日本一の技術を持った職人が、
手作りで生産しています。

通販で買うこともできます。
大体、価格は4000円~6000円といったところでしょうか。
メディアに取り上げられて品薄になる可能性もありますので、
興味がある方は、一度メタル丼の詳細説明を見てみることをオススメします。

株式会社カンダ メタル丼 楽天出品一覧

 

 

メタル丼でアツアツのラーメンを!「酒麺亭潤本店」

新潟県燕市小牧にある「酒麺亭潤(しゅめんていつばめ)本店」というラーメン屋さんでは、
株式会社カンダのメタル丼をラーメン丼に使っているそうです。
ラーメンを食べきっても、スープアツアツのまま。
冷めやすい担々メンに使っても、温度を保ってくれるそうです。

お近くにお住まいの方は、メタル丼の威力と「酒麺亭潤(しゅめんていつばめ)本店」の
中華麺のおいしさを体験しに行ってみては?

住所:新潟県燕市小牧464-12
電話番号:0256-66-3685
営業時間:11時~15時 / 17時~23時(平日)
11時~23時(土日祝)
定休日なし 駐車場37台

「酒麺亭潤(しゅめんていつばめ)」公式HP http://www.ramenjun.co.jp/shop/

 

Sponsored Link
このエントリーをはてなブックマークに追加
2013年2月19日 メタル丼て何?株式会社カンダが燕市から放つアイデア! はコメントを受け付けていません。 雑学